• スーパー野菜、ケールの効能

    thumbnail

    青汁の原材料として有名なのが、ケールです。
    海外では、ケールは野菜サラダの材料として使われることもあり、一般家庭でも親しみのある野菜です。
    日本ではその独特の苦みや香りから家庭料理に使われることが珍しく、生の状態でスーパーマーケットに並ぶ機会はほとんどないため、青汁商品やジュースバーで見かけることが多いでしょう。
    ケールは古くからある野菜で、ケールが元となり品種改良がされたものがブロッコリーなどの野菜だと言われています。
    ケールに関する研究データによると、ケールを使った青汁を毎日の食生活に取り入れた場合と、一般的なミネラルウォーターを取り入れた場合では、ケールを摂取していたグループのほうでは血糖値が上がりにくくなったという結果があるそうです。
    血糖値が高くなるということは、身体にどんな変化を与えるのでしょうか。
    血糖値とは、文字通り血液中の糖の量を示すものです。
    糖分の性質として、血液から細胞に浸透していくことによってエネルギーになるということが分かっています。
    血液の中に糖が多い状態になってしまうと、エネルギーに変えられず体内に糖が蓄積され続けてしまい、糖尿病などの弊害を引き起こす原因になると考えられています。
    高血糖を予防するには、まず口から入る食べ物に気を付けて、食生活を改善することだと言われています。
    ケールにはビタミン、ミネラル類、鉄を含んだ様々な栄養素があり、スーパー野菜とも呼ばれ、予防医学の世界でも注目されている野菜なのです。

  • 今話題の酵素と青汁の関係

    thumbnail

    健康志向の高まりを受けて、私たちは年々健康に気を使うようになりました。
    そして、健康の維持と共に、食生活に重点がおかれるのが、美容です。
    その、どちらにも効果があるとされる「酵素」が今空前の大ブームになっているようです。
    でも、酵素とは一体何なのかご存知ですか?酵素は、約3000種類あると言われるタンパク質の一種です。
    野菜や果物に多く含まれる成分で、人間が生きる上でとても重要な役割をします。
    例えば、食べ物などを消化するための消化酵素、体の代謝を促す代謝酵素、野菜などに含まれる食物酵素などがあります。
    これらは、栄養の吸収を助け、体に不要なものを体外へ排出するデトックス効果にも優れており、ダイエットにも効果的とされています。
    酵素は、食べ物のみならず、洗剤や化粧品に使用されており、その豊富な効能と共に生活に密着している、とても重要な成分と言えそうです。
    そんな万能な酵素は、青汁にも含まれています。
    しかし、酵素は加熱処理をすることでその働きを失ってしまうそうです。
    従って、全ての青汁に酵素が活きているかと言えばそうではありません。
    非加熱処理製法で作られた青汁のみに、活きた酵素が含まれているのです。
    酵素青汁として人気なのが、株式会社リガーレの「そのまま青汁」や、フラコラの「生酵素青汁」、ダイショーの「酵素青汁」などです。
    新陳代謝をあげることで様々なメリットがあるのは皆さんご存知のことと思います。
    是非、酵素入りの青汁を飲んで、体をリフレッシュさせてみませんか。

  • 調理するときの注意とポイント

    thumbnail

    『酵素は熱を加えることでその育毛剤比較サイト働きをなくしてしまう』という事は、今までにも何回もお話してきましたよね。
    なので食品から酵素を摂取するためにはは加熱の必要がないものから摂取することになり、結構難しいのです。
    野菜は生で食べられるものですとサラダにして食べる、ということが出来ますが、生野菜を量を多めに摂るのは大変ですし、果物もそうですよね。
    少量ならいいですが栄養バランスを考えながら加熱せず生のままたくさん食べるのって、結構頭を使いますよね。
    そこで今回は酵素を含む食材を、効率よく摂取するための調理の際のポイントをご紹介していこうと思います。
    食べやすく量も結構食べられる工夫がありますので、ぜひ参考にして下さいね。
    酵素を含む食材を効率よく、しっかり食べるためのポイント、それは『すりおろして食べる』というものです。
    例えば炭水化物分解酵素を含む大根やりんごなどは、そのまま食べるよりもすりおろして食べるほうがより沢山の量を食べることが出来ますよね。
    すりおろすことで酵素のパワーを活性化させることが出来ますし、量を沢山食べられるのでまさに一石二鳥の調理方法なのです。
    ただ、すりおろすことで酵素の活性はパワーアップすることが出来ますが、なんでもすりおろせばいいというわけではありません。
    大根やりんごのようにすりおろすことで食べやすくなるものもあればそうではないものもあり、その食材によって適した食べかたというものがありますよね。
    なのですりおろすのはそれが適した食材だけにして、あとは出来るだけ生野菜や果物を食べるようにするとか、気持ちも面で気をつけて酵素を含む食材を摂取できるようにするといいでしょう。